格安スマホの特徴とキャリアのスマホとの違いについて

格安スマホの特徴とキャリアのスマホとの違いについて

毎月のランニングコストを抑えてスマートフォンの運用をしたいと考えている人に高い人気を誇っており、近年メディアへの露出度が急速に高まっているのが格安スマホと呼ばれる通信事業サービスとなります。

 

格安スマホとは、MVNOと呼ばれる自社で携帯端末向けの通信回線を持たない事業者が携帯電話会社から通信回線を借りて通信サービスを提供するサービスを利用して運用するスマートフォンのことをいい、サービスに一定の制限があるものの、携帯電話会社の通信プランよりも安い料金プランでスマートフォンの運用ができるのです。

 

携帯電話会社が提供するスマートフォンとMVNO業者が提供するスマートフォンには具体的にどのような違いがあるのかについて解説をします。

格安スマホは基本的にはSIMフリー端末です

キャリアから販売されているスマートフォン端末には原則としてSIMロックと呼ばれる制限がかけられています。SIMロックがかかっているとその通信事業者が提供するSIMカードしか読み込むことができず、その端末を他のキャリアのSIMカードで使うことができないのです。

 

2015年の5月よりSIMロック解除が義務化されましたが、SIMロックを解除の対応は端末の購入から半年経過後以降など、SIMロックを解除してもらうためにも手続きや条件が設けられているので携帯電話会社のスマートフォンはやや使いづらさがあります。

 

一方で格安スマホの場合は最初からSIMロックがかけられていないSIMフリー端末がベースとなっているので自分の好きな通信事業者の選択ができるというメリットがあります。

格安スマホの端末代金は基本的には実費です

携帯電話会社と契約をしてスマートフォンを購入する場合、2年間の分割払いで購入をすると端末代金の一部若しくは同額を通信料金から割引して購入することができます。このシステムにより端末代金は実質0円で購入することも可能となっています。

 

一方で格安スマホの場合は端末代金の割引サービスはなく、基本的には全て自己負担となります。しかしその分携帯電話会社よりも通信プランが安いため、毎月の月額料金と端末代金を合計しても安く済むケースが多くなっています。

 

なお、携帯電話会社のスマホがハイスペックの最新端末が選べるのに対して、格安スマホはミドルスペックの端末の中からの選択、というケースが多くなっています。

 

DMMスマホの評判情報が見たいならココ!今話題のDMMモバイルが安すぎる!

関連ページ

通話料が抑制される格安スマホ
格安スマホの通話料は、通常のスマホに比べて大幅に抑制されているケースが目立ってきているのではないかと考えられています。通話に関するプランも積極的に整備されるようになり、低価格で通話をできる環境が作られてきていると言えるのではないでしょうか。
多機能化が進行する格安スマホ
近年では、格安スマホに搭載される機能が多様化してきつつあるのではないかと考えられています。このような動向は複数の企業から販売されている格安スマホに該当するとみられており、多くの方面で話題となっているのではないかとみられています。
多くの企業から販売されている格安スマホ
近年では、格安スマホが多くの企業から販売されるようになり始めています。従来のスマホに比べて低価格で購入できる点が最も大きな特徴となっており、気軽にスマホを購入でき、利用することも可能であるという点が評価を受けています。
格安スマホを使っても大丈夫?問題点と機能をご紹介
「安いからすぐ壊れる、ちゃんと動作しない」といったネガティブなイメージがあると思います。名称こそ格安スマホとなっていますが、中身は有名メーカーの品質と変わりありません。スマホはソニーやシャープなどの最新端末が手に入りますし、ドコモやauの通信網を使うので通信品質も高いです。具体的にどのようなシステムかをご紹介します。
格安スマホの基礎知識!MVNO、SIM、格安SIMについて!
最近、格安でスマホが持てるという触れこみで「MVNO」という言葉をよく見かけます。MVNOとは「仮想移動体通信事業者」の英語であるMobile Virtual Network Operatorの略です。